特徴

ExpertEase AI会話型AIシステムは、業界を問わず、顧客とのエンゲージメントを自動化し、強化するためのエンタープライズグレードの一連の機能を提供します。

自己学習:

私たちのAIアシスタントは、追加のトレーニングやプログラミングをすることなく、新しいデータや会話から継続的に自己改善していきます。 彼らの知識は、自然言語理解を通じてトピック間のより多くの情報を処理するにつれて、時間とともに指数関数的に拡大していく。

私たちは、グーグルのBERTのような最先端の変圧器ベースのニューラルネットワークと深層強化学習を利用して、自己学習を強化しています。 当社独自のアルゴリズムにより、応答がユーザーの意図と一致しない場合、AIが自己修正することができます。 これにより、会話がパターン認識を向上させ、実行可能なダイアログツリーが拡大するという好循環が生まれる。

自己学習型チャットボットを理解する:

チャットボットの核心は、人間のような会話をシミュレートするように設計された人工知能(AI)プログラムであり、テキストや音声による対話を可能にする。 特にビジネスシーンでは、顧客サービスの自動化、24時間365日のサポート、その他さまざまなタスクの処理に活用されている。

自己学習型チャットボットへの進化:

AIまたはインテリジェント・チャットボットと呼ばれる自己学習型チャットボットは、この技術の飛躍的進歩を象徴している。 機械学習アルゴリズムを採用し、継続的に使用することでその性能を磨き続ける。 つまり、これらのチャットボットは対話のたびに学習し、収集した新しい情報に基づいて応答を適応させる。

従来のチャットボットの限界を超えて:

従来のチャットボットは通常、特定のキーワードやフレーズに反応する。 対照的に、自己学習型チャットボットは、自然言語処理(NLP)と機械学習を利用して、ユーザーメッセージの根本的な意図を把握する。 この能力によって、適切なだけでなく、文脈のニュアンスも考慮した回答ができるようになる。

自律的な学習と適応:

自己学習型チャットボットの特徴は、人間の介入なしに自律的に改善する能力があることだ。 ユーザー評価やセンチメント分析のようなフィードバックメカニズムを利用して、パフォーマンスを評価し、微調整する。 この適応的アプローチにより、進化するユーザーのニーズや嗜好に対応し、ユーザー体験を大幅に向上させることができる。

多言語での会話:

当社のプラットフォームは、50以上の言語にネイティブ対応しており、世界中の視聴者に効果的にリーチすることができます。 私たちのアシスタントは、その地域の方言や専門用語を理解し、文化的に適切な礼儀作法で受け答えをすることができます。

テキスト入力や音声入力に最適化されたモデル・アーキテクチャを採用しています。 また、内蔵のアンチバイアス技術により、話者の性別、アクセント、バックグラウンドに関係なく、より均一な品質が保証されます。

オムニチャネルの展開:

このAIは、ウェブ、モバイルアプリ、メッセージングプラットフォーム、音声アシスタント、IoTデバイス、または対面キオスクに導入することができ、シームレスな体験を実現する。 ユーザーは、会話の記憶を失ったり、好みの設定を繰り返したりすることなく、チャンネル間でコンテキストを切り替えることができる。

本物そっくりのアバター:

人間味のある対面エンゲージメントのために、当社のビデオ・アニメーション・テクノロジーは、写真や短いビデオを使って本物そっくりのビジュアル・アバター・アシスタントを生成します。 正確なリップシンク、微表情、ジェスチャーを駆使し、シームレスな自然さを実現。